NEWS/BLOG

お知らせとブログ

  • オルゴナイト

    • ブログ 人生を楽しいにチェンジするお話

      • お知らせと告知

        • YouTube モラハラからの洗脳が解けるまで

          • ブログ (オルゴナイト)

            • ブログ 灯火の部屋(イラスト)

              • ブログ 日々のことや気づき

                • ブログ ひまし油湿布

                  • 人生を楽しいに変えちゃうかもしれない動画

                    • ブログ モラハラからの洗脳がとけるまで

                      • 2021年7月

                        心も身体もデドックス
                        2021/11/12
                        こんばんは。惺ゆり(さといゆり)です。


                        夫は占い&カウンセリングをしています。

                        さて、今日は身体のデドックスについて書いていきますね。

                        人は心と身体がリンクしていますよね。心が弱ってしまうと身体が活発に動きにくかったり、その反対に身体は元気でも心が沈んでいると、出かけたくなかったり、、、。

                        両方の車輪がうまく回るには、心も身体も健康である事とされています。
                        私達夫婦は、その両方の車輪をうまく回していけるようアドバイスをしています。

                        主に心の担当は夫である「ゲッターラボ」が、私は身体の担当をさせていただいています。
                        ここに夫のブログを載せていますのでこちらを読んでみて下さいね。

                        https://ameblo.jp/getlabo/


                        ここからは私の書く話になります。

                        人が健康でいられる1つの方法として、「デドックス」があります。
                        皆様も耳慣れた言葉だと思います。
                        デドックスをすると言っても聞いたことあるけど、何をしてくれるの?という質問にお答え致します。

                        私達がお勧めするのは「ひまし油湿布」です。
                        簡単ではありますが、ひまし油湿布について書いていきたいと思います。



                        ☆ひまし油湿布とは?
                        ひまし油スキンケアとしても良いですが、免疫系によく働きかけるとされています。 肝臓は解毒の臓器なので、湿布をあてているひまし油に毒素が集まってくるので、デトックス効果がとても期待できます。 また、ひまし油ではなくオリーブオイルを飲むことによっての効能もあります。 便の出もよくなります。
                        ひまし油をフランネル(布)にたっぷり含ませ、それを右脇腹にあてて温熱パックするというご自宅で取り組める湿布療法です。こうすることで肝臓の機能が高まり、血液中の毒素が速やかに分解され、体外に排出されるようになります。







                        ☆ひまし油って何?

                        一般的には、ヒマ(トウゴマ、学名Ricinus communis L.)というトウダイグサ科の植物の種子を「ヒマシ」といい、これを圧搾して作った油のことをいいます。古くはギリシャ時代から愛用され、中世ヨーロッパでは「キリストの御手(パーマ クリスティ)」と呼ばれていました。伝統的には排毒、下剤として使われることが主だったようです。




                        ☆ひまし油は天然なものでなければいけない理由

                        有機認定(もしくは廻りに工場や高速道路などがない、空気の清浄な場所で育った野生種の)ひまし油であれば有機とそうでない種とでは、植物が持つエネルギーの強さが全く違ってきます。大地のエネルギーをふんだんに含んだ有機の種なら、癒しのパワーはさらに強くなることでしょう。有機認定を受けるには、3年以上、土壌改良にも取り組み、農薬や化学肥料を使わず栽培しなければなりません。なによりそういった手間のかかる製品づくりに関わっている人々の情熱や意気込みは、オイルにも大きな影響を与えています。もちろん人体にとって安心、安全であることは言うまでもありません。








                        ひまし油湿布の最中は
                        体調がすぐれない方は未来のハツラツとした姿を、元気な方はより輝いている姿をイメージしてみてください。テレビやにぎやかな音楽は控えて、ゆったりと過ごしましょう。




                        ひまし油湿布のサイクル
                        1回1時間~1時間半、3日間続けて4日休むというサイクルを3週間続けます。
                        1週間休んだのち、必要であれば同じサイクルを繰り返します。



                        ひまし油湿布の効果をあげるコツ

                        ◆ポイント1 重曹
                        ひまし油湿布を終えて取り外したら、重曹を溶かしたお湯で身体に付着したひまし油をふき取ります。
                        弱アルカリ性の重曹が酸性の汗を中和してくれます。
                        ◆ポイント2 オリーブオイル
                        湿布3日目の晩にオリーブオイルを飲みます。(小さじ1~3杯程度)
                        ひまし油湿布をされる際、腸内洗浄をセットでされると更に有効です。
                        このときがチャンス!排泄を促すオリーブオイルを飲んで、スムーズに不要物を手放しましょう。
                        エドガーケイシーがひまし油湿布と共に特に勧めていたのがコロニクス(腸内洗浄)です。
                        4日目に腸内洗浄をする事で、毒素の排出がスムーズになります。ひまし油湿布をされるのであれば、腸内洗浄もセットでされる事をお勧めします。



                        とくにピュアなひまし油は、周りの環境や思いなどの波動を受けやすいと言われています。同じひまし油でも、どのような環境で使ったのか、どのような心で使ったかによって得られる結果が違うと、多くのセラピストが証言しています。湿布をする間はリラックスできる空間、たとえばヒーリング音楽をかけたりアロマを焚いたりした部屋のなかで、自分の体に癒しが起こっていることをイメージしながら、じんわりと温かい湿布の心地よさに身を委ねるようにしていましょう。


                        デドックスをし、免疫力高め、自然治癒力を高めると言われている「ひまし油湿布」は、
                        健康でいられるものとされていて、エドガーケイシーの著書によるとあらゆる病気、疾患に効果得られたと書いてあります。

                        詳しくは著書をご覧になって下さいね。







                        ゲッターラボの行うカウンセリングは心にアプローチするもので
                        私の行うひまし油湿布は身体にアプローチしていきます。
                        (男性の場合はゲッターラボが対応させていただきます)

                        2022年を迎えるにあたって、出来ることなら要らないものは捨て、新しい年を迎えたいものです。
                        ひまし油湿布は、遠方の方でも大丈夫です。貸し出しを行っていますのでお気軽にお問い合わせ下さいね♬

                        お問い合わせはこちらまでお願いします♬
                        https://form.run/@getterlabo-9366
                        心も身体もデドックス
                        心も身体もデドックス